交通事故を避ける


私達は、車を運転することができる免許を持っている以上、その事実に基づいた、自分や人の命を最優先に考えた運転を行わなければなりません。
私たちには、そのような運転を行う責任があります。
交通事故によって後遺障害を負ってしまうような、悲しい人を生み出さないように、私達はもう一度、自分の運転についてよく考えてみることができるでしょう。
そうすれば、単に『安全』という二文字だけを掲げて運転していくのではなく、もっと大事なことをみた、その「安全」という言葉が、私たちが行っている運転の中で、本当に実証されるようなことを行っていきたいと思います。
冒頭のページでも考えたように、これは簡単なことではありません。
なぜなら、運転はときに人の感情やその場の雰囲気によって流されてしまうからです。
その点を考えると、もっと慎重に運転を行わなければならない、と思わされます。

もし体にこれから残るような傷を負ってしまったら、そして、それを誰かに負わせてしまったら…そのような自体があなたには決して来ないと、そういいきれますか?誰も言い切れる人はいないでしょう。
ですから私達は、運転という簡単に思えることにおいて、より安全を求めたものにしていきたいですね。

トラブルで後遺障害?


交通事故には、必ずその被害を与えてしまう側と、被害を受ける側の両者が存在します。
いわゆる被害者と加害者です。
私達は交通事故を引き起こすことによっても、またそれに巻き込まれてしまうことによっても、どちらの立場にもなりたくない、と思っていますが、もしその被害者となってしまった場合、その事故後、いわゆる『傷跡』を引きずることにになるような、『後遺障害』を追ってしまう可能性があります。
後に遺る障害…それがいわば後遺障害なのです。
擦り傷を負ったときのように、自然と治癒していくものではありません。
その障害によって、自分が行える最低限の生活すらままならなくなる人がいます。
もしそうなってしまったら、あなたはどうしますか?また、自分が交通事故を引き起こすことによって、誰かをそのような状況に追いやってしまったら、どうしますか。

そのような悲しい事態を引き起こさないためにも、やはり私たちの側に正しい運転を行う、ということが大切です。
もちろんこれは車の運転だけに言われるものではありません。
人同士の衝突、いわゆる喧嘩のような状態を避け、その場の対処を、冷静かつ正しい方法で行われるように、日ごろから考えている必要があります。

私たちが気をつけるべきこと


車の運転において注意しなければならないこととは、いったいどのような事柄でしょうか。
左右確認、スピードの安定性、または交通法規をしっかり理解していることでしょうか。
そのどれらも大切ですが、私達は誰もが行っているように、自分たちがどのような運転を行っているか、という点をしっかり把握している必要があります。
それには単に、左右確認だとか、スピード違反をしないことだとか…それ以上のことが含まれます。
私たちが守る必要があるのはそれ以上のことであり、いわゆる『人命』を何よりも優先させる、ということです。
この点はとても重要であり、私たちの誰もが意識していなければならないことですが、同時に忘れやすいことでもあります。
運転という行為に悪い意味で慣れてしまうことによって、そうなってしまう可能性があります。
そしてそれは、いわゆる『油断』という感情を生み、交通事故という結果を招いてしまう可能性があるのです。

交通事故の形態はさまざまです。
車両同士の衝突、または歩行者、自転車との衝突も交通事故に含まれます。
そしてその多くは、私たちの注意がもっと及んでいれば、防げたかもしれないことがたくさんあり、それらを守ることが私たち運転手には求められています。

後遺障害の弊害


私たちにとって大事なこと、といえることは、大方限られているものであります。
私たちはそれらを優先するあまり、もっとも大切なものにさえ気づかないことがありますが、どちらにしても私たちは自分たちが優先すべきことを、優先してしまう傾向にあります。
それは、自分の体に関してもそうです。
私たちが優先すべきことは自分の健康のことであるのに、それをないがしろにするような行動をとりかねないのは、私たちが優先するべき事柄が、常時変わっている、といえるからです。
しかし、本当に自分たちの事柄を決めなければいけないとき、そのような猶予は残っていないかもしれません。
私たちには、とっさの判断が求められる場合があります。
とっさの判断とは、いわゆる『緊急事態』ともいえます。
私たちはそういった中にあって、どうすれば自分たちの安全、そして命を守ることができるのか、という点を最優先に考えることでしょう。
これは、ある特定の分野について考えたとき、それはかなり難しいことのように思えますが、それはどのようなことについてでしょうか。
それには、たとえば車の運転という点があります。

そして、その車の運転によって引き起こされる可能性のある、いわゆる緊急事態…それは交通事故のことにほかなりません。
私達は車を運転している限り、交通事故の加害者にも被害者にもなる可能性を背負っています。そして場合によっては、交通事故による後遺障害を負う可能性もあるのです。