トラブルで後遺障害?


交通事故には、必ずその被害を与えてしまう側と、被害を受ける側の両者が存在します。
いわゆる被害者と加害者です。
私達は交通事故を引き起こすことによっても、またそれに巻き込まれてしまうことによっても、どちらの立場にもなりたくない、と思っていますが、もしその被害者となってしまった場合、その事故後、いわゆる『傷跡』を引きずることにになるような、『後遺障害』を追ってしまう可能性があります。
後に遺る障害…それがいわば後遺障害なのです。
擦り傷を負ったときのように、自然と治癒していくものではありません。
その障害によって、自分が行える最低限の生活すらままならなくなる人がいます。
もしそうなってしまったら、あなたはどうしますか?また、自分が交通事故を引き起こすことによって、誰かをそのような状況に追いやってしまったら、どうしますか。

そのような悲しい事態を引き起こさないためにも、やはり私たちの側に正しい運転を行う、ということが大切です。
もちろんこれは車の運転だけに言われるものではありません。
人同士の衝突、いわゆる喧嘩のような状態を避け、その場の対処を、冷静かつ正しい方法で行われるように、日ごろから考えている必要があります。