交通事故を避ける


私達は、車を運転することができる免許を持っている以上、その事実に基づいた、自分や人の命を最優先に考えた運転を行わなければなりません。
私たちには、そのような運転を行う責任があります。
交通事故によって後遺障害を負ってしまうような、悲しい人を生み出さないように、私達はもう一度、自分の運転についてよく考えてみることができるでしょう。
そうすれば、単に『安全』という二文字だけを掲げて運転していくのではなく、もっと大事なことをみた、その「安全」という言葉が、私たちが行っている運転の中で、本当に実証されるようなことを行っていきたいと思います。
冒頭のページでも考えたように、これは簡単なことではありません。
なぜなら、運転はときに人の感情やその場の雰囲気によって流されてしまうからです。
その点を考えると、もっと慎重に運転を行わなければならない、と思わされます。

もし体にこれから残るような傷を負ってしまったら、そして、それを誰かに負わせてしまったら…そのような自体があなたには決して来ないと、そういいきれますか?誰も言い切れる人はいないでしょう。
ですから私達は、運転という簡単に思えることにおいて、より安全を求めたものにしていきたいですね。